レンズ選び はしっかり

レンズ選び は、メガネづくりの中でも非常に大切なプロセスです。

じっくり吟味して選んだお気に入りの眼鏡も、レンズがしっかり合っていないと使いづらくなってしまいます。
大切な眼鏡を長く愛用するためにも、しっかりとこだわってレンズを選びましょう。


レンズ選び


レンズは値段で決めない

  • 安いレンズには理由があります
  • レンズ選びは店員の技術とノウハウが大事

大手眼鏡店などでは、レンズを大量に仕入れられるために値段が安く出来るというメリットがあります。しかし一方で、まだあまり技術のない新人さんが担当になってしまったり、コスト的な問題から、あまり一人のお客様に時間をかけられないなどの問題点も(お店によっては)ある可能性があります。

レンズ料金が別ということは、それに見合った技術やサービスを責任を持って対応している、という意味でもあります。

あまりしつこく質問しても….と気が引けてしまうかもしれないのですが、ここは眼鏡を愛用するための大事なポイント。ぜひこだわって十分納得いくまで質問、意見を伝えて、満足のゆくレンズ選びをしてください。


ここは必ずチェック!

  • 厚みは必ずチェック
  • 遠近両用はテストレンズで必ず確認

レンズは厚みが違うと、見え方や見た目に違いが出ます。また一眼レフなどのカメラのレンズと同様に、単焦点のレンズは屈折率や明るさなどが違いますので、そのあたりが値段の差になっているのです。

同じぐらいの厚さなら、値段が高い方が、屈折も少なく見やすい….と言えるかもしれません。
ただし、必ず実際にテストレンズでご確認くださいね!


これらのチェックポイントで気になる点がありましたら、ぜひ当店までお越しください。
店主が責任を持って丁寧にご説明いたします



« PAGE TOP »