メガネをもっと楽しむための本

実際に眼鏡をかけている人にとっては、眼鏡はどちらかというと器具に近い存在。
おしゃれや自分らしさのためのアイテムというよりは、壊れにくかったり、メンテナンスが簡単だったり、実用的な部分にばかり着目しがちです。
海野眼鏡店では、おしゃれさんにはもちろん、普段あまり気にせずめがねをかけている人にも、もっとめがねを楽しんでほしいと思っています。
そんな皆さんに、もっと眼鏡がたのしくなる本をご紹介いたします。


別冊Lightning EYEWEAR BOOK

別冊Lightning EYEWEAR BOOK

タレントの所ジョージさんが創刊した(現在は離れているとのことですが)アメリカンカルチャーを紹介する男性向け総合月刊誌『Lightning』(ライトニング)/株式会社枻(エイ)出版社発行 の別冊として発行された、おしゃれな眼鏡の特集ムック。
有名国産ブランドやメーカーさんのインタビューなど、こだわり国産ブランドビギナーにはうれしい入門書となっています。

2017年3月10日発行
枻(エイ)出版社 エイムック
別冊Lightning vol.162


めがねを買いに 藤裕美著

めがねを買いに 藤 裕美 著

眼鏡スタイリストの藤 裕美(とう ひろみ)さんによるかわいいデザインの眼鏡本。
「めがねのことを知る」「自分らしいめがねを選ぶ」「めがねに興味をもつ」「いろんな種類のめがねをかけてみる」「好きな眼鏡屋を見つける」ことで、自分に似合うすてきなめがねを探す方法を教えてくれます。
おしゃれな眼鏡に興味のある方、もっとカッコよく・かわいく眼鏡をかけたい方は必見。
スタイリストならではの眼鏡のメンテナンス方法や取扱いの注意点など、ためになる情報も満載です。

2011年10月20日発行
WAVE出版


目から鱗のメガネ楽 内山 公著

目から鱗のメガネ楽 内山 公 著

浜松市の眼鏡屋さんによる、眼鏡と視力の本です。
日頃、眼鏡屋さんとしてお客様と出会い、眼鏡や視力についてのいろいろな体験・悩みなどの相談を受ける中で、医者ではなく眼鏡屋さんだからこそできるアドバイスやヒントがたくさん書かれています。
メガネはおしゃれなアクセサリーでもありますが、視力を補う道具でもあります。
老舗の眼鏡屋さんの貴重な(でも気軽に読める)メッセージをぜひご覧ください。

2012年3月30日発行
静岡新聞社



PAGE TOP »